AIが一緒にプログラミングをサポートしてくれる「GitHub Copilot」を試してみました。

Voiced by Amazon Polly
目次

GitHub Copilotとは

  • GitHub Copilot とは、OpenAI Codex の技術を利用したコーディング時のオートコンプリートシステムです。
  • GitHub上のGPLソースコードを沢山学習した情報を使い、プログラムのコメントや関数名の記入により的確なコード補完の補助をしてくれます。
  • 但し、GitHub上のソースコードを学習して作られたGitHub Copilotを商業利用することについては、「著作権的に問題があるのではないか?」との議論もあります。

必要なもの

  • GitHubアカウント
  • GitHub Copilotからの招待
    • 現在、Technical Preview状態なので、利用には申請が必要です。
  • コードエディタ
  • Visual Studio Code利用の場合

Pythonコーディング時の補完の様子

公式サイトで表示されているPythonプログラムのサンプルを Visual Studio Code で試した様子の動画です。

Pythonコーディングの詳細

import datetime

def parse_expenses(expenses_string):

ここまで入力した時点で、関数名から機能予測をしてコードの候補を提案してくれます。

import datetime

def parse_expenses(expenses_string):
    expenses = []
    for expense in expenses_string.split(','):
        expenses.append(float(expense))
    return expenses

提案してもらった関数の内容を削除して、作成したい機能のヒントとなるコメントを記入します。

import datetime

def parse_expenses(expenses_string):
    """Parse the list of expenses and return the list of triples (date, value, currency).
    Ignore lines starting with #.
    Parse the date using datetime.
    Example expenses_string:
        2016-01-02 -34.01 USD
        2016-01-03 2.59 DKK
        2016-01-03 -2.72 EUR
    """

コメント入力完了で、コードを予測補完してくれます。「TABキー」をクリックすると、補完が完成します。

import datetime

def parse_expenses(expenses_string):
    """Parse the list of expenses and return the list of triples (date, value, currency).
    Ignore lines starting with #.
    Parse the date using datetime.
    Example expenses_string:
        2016-01-02 -34.01 USD
        2016-01-03 2.59 DKK
        2016-01-03 -2.72 EUR
    """
    expenses = []
    for line in expenses_string.splitlines():
        if line.startswith('#'):
            continue
        date, value, currency = line.split()
        expenses.append((datetime.datetime.strptime(date, '%Y-%m-%d'), float(value), currency))
    return expenses

Pythonのモジュールが直接実行された時の分岐を記載しようとすると

import datetime

def parse_expenses(expenses_string):
    """Parse the list of expenses and return the list of triples (date, value, currency).
    Ignore lines starting with #.
    Parse the date using datetime.
    Example expenses_string:
        2016-01-02 -34.01 USD
        2016-01-03 2.59 DKK
        2016-01-03 -2.72 EUR
    """
    expenses = []
    for line in expenses_string.splitlines():
        if line.startswith('#'):
            continue
        date, value, currency = line.split()
        expenses.append((datetime.datetime.strptime(date, '%Y-%m-%d'), float(value), currency))
    return expenses

if __name__ == '__main__':

それに必要なコードも補完提案してくれます。

import datetime

def parse_expenses(expenses_string):
    """Parse the list of expenses and return the list of triples (date, value, currency).
    Ignore lines starting with #.
    Parse the date using datetime.
    Example expenses_string:
        2016-01-02 -34.01 USD
        2016-01-03 2.59 DKK
        2016-01-03 -2.72 EUR
    """
    expenses = []
    for line in expenses_string.splitlines():
        if line.startswith('#'):
            continue
        date, value, currency = line.split()
        expenses.append((datetime.datetime.strptime(date, '%Y-%m-%d'), float(value), currency))
    return expenses

if __name__ == '__main__':
    expenses = parse_expenses('''2016-01-02 -34.01 USD
        2016-01-03 2.59 DKK
        2016-01-03 -2.72 EUR''')
    print(expenses)

これでコード完成です。

完成したPythonプログラムの実行

  • 完成したプログラムを実行します。
  • Anaconda3の環境にて、実行結果が表示されます。(Anaconda3は、別途設定が必要)
PS C:\Users\ariki\Desktop\GitHub_Copilot> & C:/Users/ariki/anaconda3/python.exe c:/Users/ariki/Desktop/GitHub_Copilot/test.py
[(datetime.datetime(2016, 1, 2, 0, 0), -34.01, 'USD'), (datetime.datetime(2016, 1, 3, 0, 0), 2.59, 'DKK'), (datetime.datetime(2016, 1, 3, 0, 0), -2.72, 'EUR')]
PS C:\Users\ariki\Desktop\GitHub_Copilot>
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

まん延防止等重点措置は解除されましたが、岡山県下の高等学校の部活動については、これまでと同様の措置での対応です。早く制限なく部活動が行えることを祈っています。今年こそは、久万高原でのラグビー合宿の応援に行きたいです。

目次
閉じる