Mac miniでClaris FileMaker Server 19をオンプレミスで運用する時のUPS(OMROM BW55T)のセットアップの方法

Voiced by Amazon Polly
  • Claris FileMaker Server 19をMac miniでオンプレミス運用する際の備忘録です。
  • UPSには、OMROMの BW55T を利用します。
  • 停電時に、Claris FileMaker Server 19を終了させて、Mac miniをシャットダウンするBW55Tのスクリプト設定を記録しておきます。
  • BW55Tの自動シャットダウンソフトは、PowerAttendant Lite (Mac版)を利用します。
目次

PowerAttendant Lite (Mac版) のインストール、設定

前提

  • Mac mini(macOS Monterey)がセットアップ済み
    • 8コアCPU、8コアGPU、16コアNeural Engineを搭載したApple M1チップ
    • 16GBのユニファイドメモリ
    • 1TB SSDストレージ
  • Claris FileMaker Server 19をインストール、設定済み
  • OMROM BW55TをMac miniに接続済み

PowerAttendant Lite (Mac版) のインストール

  • インストーラーを起動
「続ける」をクリック
「続ける」をクリック
「インストール」をクリック
「アカウント」のパスワードを入力して、「ソフトウェアをインストール」をクリック
「再起動」をクリック

PowerAttendant Lite (Mac版) を起動、設定

接続している BW55T を選択
ログインします
  1. スクリプト名称:FileMaker Server 19 Shutdown
  2. スクリプトファイル:指定のフォルダに作成した「localMacFmServer19Shutdown.usc」を指定
  3. スクリプト実行テスト:「テスト」ボタンをクリック
  4. 結果:「success」の表示

localMacFmServer19Shutdown.usc の内容

  • 作成場所:/Users/Shared/OMRON/PAL/1.0/localMacFmServer19Shutdown.usc
rcv=$
snd=sudo launchctl stop com.filemaker.fms
rcv=word:
snd=$p2
rcv=$
snd=exit

自動シャットダウンの検証

  1. Mac miniを起動
  2. UPSの電源を外す(停電状態の再現)
  3. UPSのシャットダウンスクリプトが動作して、Claris FileMaker Server 19のサービスが終了してから、Mac miniの電源が消えることを確認
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

まん延防止等重点措置は解除されましたが、岡山県下の高等学校の部活動については、これまでと同様の措置での対応です。早く制限なく部活動が行えることを祈っています。今年こそは、久万高原でのラグビー合宿の応援に行きたいです。

目次
閉じる